大学担当MR 転職

大学担当MRとして転職するには?

大学担当MRとして転職するには、求人豊富な人材紹介会社を利用する必要がありますね。

人材紹介会社・派遣会社も様々ですから、それぞれ強みが異なります。

ジェネリック企業の求人豊富な人材紹介会社もあれば、大手製薬メーカーに強い転職求人サービスもありますし、コントラクトMRの求人をメインに取り扱っている会社もあることでしょう。

大学病院を担当するMRは、どちらかと言えば大手製薬メーカーで募集されることが多いので、大手企業との太いパイプと信頼性が高い人材紹介サービスを利用すると良いですね。

たとえば以下の人材紹介サービスには、国内外問わず、大手製薬会社からの求人が多数集まっていますので、まずは気軽に登録されてみて下さい(無料で活用できます)

デューダ

大学担当MRとして活躍するポイント

大学担当MRは開業医担当と異なり、1つの病院を担当することが多いです。

開業医担当は1人で100以上の病院を担当することがありますが、大学病院は医師の数も多く「1つの病院につき1人のMR」が基本となっています。

その分、朝から大学病院に直行して医師の部屋で出待ちを行ったり、ドクターがカンファレンスルームに移動する際に会話するチャンスを伺います。当日の医師の行動予定を把握した上で、昼休みや休憩時間を狙って接触することになりますね。

そのため医師との人間関係はもちろん、看護師や病院スタッフとも顔見知りになり、良質なコミュニケーションを重ねる必要があるでしょう。MRは高収入を得やすい仕事ですが、ノルマ達成によって年収が変動するケースが多いので、日頃の努力が大切になります。

特に大学担当は開業医担当と異なり、前述したように1つの大学を担うケースが多いため、医師や看護師に嫌われない努力が必要になります。

その辺りは医療機器営業とも共通していますが、一度悪いイメージを与えてしまうと、その状況からカバーするのは難しいです。

心理学的に第一印象を覆すのは難しいと言われていますので、いかに最初に良い印象を与えられるか、ドクターやナースと自然に接することが出来るかが大切ではないでしょうか。

私も営業の仕事をしていましたが、人見知りで緊張が激しい性格でした。しかし社内で営業成績は良かったんですよね。そのとき本部の社長から、「おまえはまだまだ未熟だが、お客さんに想いが伝わっている」と言われました。

MRの仕事も医師との人間関係が根底にありますので、いかに想いを医師に伝えられるかどうか、MRとして真摯に接することが出来るかどうかが大切ではないでしょうか。

特に大学担当MRは、1人1人の医師と接する時間が大切になりますので、細かな努力を欠かさずにトライすると良いですね。

そのためにも、まずは大学担当MR求人が豊富な人材紹介サービスを活用して、好条件の募集を探して見て下さい。

大手製薬メーカーは非公開で求人募集するケースも多いですが、人材紹介会社への無料登録により、非公開求人の紹介も受けられるようになりますよ。

【大阪・関西】MR求人・募集を探すならコチラ メニュー

【大阪・関西】MR求人・募集を探すならコチラ トップへ
大阪MR求人 中途採用
MRに必要なスキル
未経験からMRへ転職
関西のMR求人募集を探すなら
大阪市で勤務地限定MRとして求人を見つけたい
製薬会社のMR募集を効率良く集めるには
大学担当MRとして転職するには
20代MR平均年収
製薬会社 MR中途採用に強いサイト
MR転勤、辞令を機に転職を考えるなら
介護を理由にMR転職

新薬メーカーへのMR転職

新薬製薬メーカーへMRとして転職したい
大阪・関西の新薬製薬メーカーMR中途採用
新薬メーカーMR求人の見つけ方